HOMECSRarrow人権arrow紛争鉱物対応方針
印刷用ページ

三井金属グループ 紛争鉱物対応方針

三井金属グループは、企業の社会的責任(CSR)やコンプライアンスの観点から、人権、環境および法規制に配慮した、責任ある鉱物調達を推進しています。


三井金属グループは、グローバル・サプライチェーンの一員として、紛争地域における非人道的行為に関わる紛争鉱物※1 を原材料として使用しない方針です。
とくに、コンゴ民主共和国(DRC)及び周辺9ヶ国で採掘される紛争鉱物が、武装勢力の資金源となっていることが懸念されています。三井金属グループは、武装勢力の資金源となっている対象諸国産の紛争鉱物の不使用に向けた取組みを、調達取引先様や業界団体と協力して進めていきます。


  • OECD「紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」に準じて、社内管理体制を構築し、サプライチェーンを適切に管理していきます。
  • 三井金属グループのタンタル、金の製錬事業については、責任ある製錬事業者として、使用する紛争鉱物のデュー・ディリジェンスを実施します。製錬事業について第三者監査によるコンフリクト・フリー認証※2を取得しており、継続的に更新していきます。
  • 紛争鉱物が使用されている三井金属グループの製品については、サプライチェーンのリスク管理のためにCFSI※3が作成した「紛争鉱物報告テンプレート(CMRT)」を使用してデュー・ディリジェンスを実施し、必要に応じて結果を開示します。

  • 錫(Tin)、タンタル(Tantalum)、タングステン(Tungsten)、金(Gold)のこと。「コロンバイト-タンタライト(タンタルの鉱石)、錫石(錫の鉱石)、金、鉄マンガン重石(タングステンの鉱石)、またはそれらの派生物」あるいは「国務長官によりコンゴ民主共和国およびその周辺国において紛争の資金源となっていると判断される鉱物またはその派生物」を指す(米国金融規制改革法1502条より)。
  • CFSプログラムおよび相互認証を行なっている各プログラム(LBMAによるレスポンシブル・ゴールド・ガイダンスに基づく認証等)を含む。
  • 紛争鉱物問題に取り組む国際的組織 「Conflict-Free Sourcing Initiative」。

三井金属グループの調達取引先の皆様も、紛争鉱物対応方針にご賛同いただき、当社が実施する調査や監査にご協力いただくなど、責任ある鉱物調達に取り組んでいただくようお願いいたします。


2017年7月

ページの先頭へ